心屋さんの活躍から見る、現代人の心模様

この記事は3分で読めます

2016年に入りますます

個人が個人として生きていかないと

世の中が回っていかなくなる

と感じています。

 

今までタブーだとされていたことを

みんながさらけ出して

 

今まで言えなかったけど…

実は私、こんななんだ~!

 

と、心の内をオープンにしていく。

 

最初は怖いだろう。

それもそのはず。人間には現状を維持しようとする本能

(ホメオスタシス)が備わっているからだ。

僕だって同じ。

 

こんなことを言って(書いて)嫌われたらどうしよう…

 

という恐れは、常にある。

 

だけど、情報を発信している側として

自分の辛いところや失敗談も

そのまま書いた記事の方が、読者の反応が良いことが多い。

 

当たり障りのないことを書いても

人の心は動かないのだ。

 

その人の本心。

本当はどうしたい?どう思ってる?

そういうものが100%明け透けになったとき。

 

好きな人と嫌いな人がハッキリと分かれる。

 

去っていく人は去っていく。

だけど、新たに好きになってくれる人も現れるだろう。

今まで好きだった人が、ますますファンになってくれることもあるだろう。

 

自分を100%さらけ出すのが怖くて

作ってきてしまった状況や人間関係。

 

それなら、さらけ出したら

それが全て変わってしまうのは当たり前なんだ。

 

心屋仁之助さんという方のお名前を

最近良く拝見します。(名前をクリックでブログへ飛びます)

 

それだけ

自分を押し殺して生きてきた人が多い

ということなのでしょう。

 

「誰だって悩みくらいある」

って、よく聞くフレーズです。

 

しかし、僕の体験談だと

悩みが大した事無い人ほど、このフレーズを使いたがります。

 

もちろん、真実なんですよ?

 

でも、本当に悩んだ経験がある人。

大きなトラウマがある人。

誰にも理解してもらえず、苦しんだことがある人。

 

そういう人は

私も苦しかったように、あなたも苦しかったんだね。

と、そっと寄り添ってくれるだけです。

決して、コントロールしようとはしません。

 

この心屋さんの記事にもありますが、攻撃する人は

自分の心の傷を投影していることがほとんどです。

 

自分が満たされていれば、他人を攻撃する必要は全くないからです。

 

そう考えてみると

自分を偽って、他人の目や攻撃におびえるというのが

いかにエネルギーの浪費になるかがわかりますね。

 

もちろん、そう簡単に出来ないのが人間です。

しかし、ちょっと勇気を出して自分を出してみると

いとも簡単に現実が変わってしまったりするのです。

 

僕はいくつものメディアを運営していますが

それぞれで書いていることが違います。

 

アメブロでは、英語とギターについて。

gooブログでは、主に精神世界・陰謀論などについて。

このブログは特に指定なし。

YouTubeやツイッターもあります。

 

でも、全て僕です。

ネット上に「のりにぃ21」というのは、僕しかいないので

これで検索して出てくるものは、全て僕のメディアです。

 

どこで、どんな人が、何を見るか分からない。

facebookではお友達だったのに

ブログを読んだらドン引き…なんてこともあるでしょう。

 

だけどね。

もう、どうにもならないよね。

 

カッコ悪い自分も

いやらしい、スケベな自分も

ドジで物覚えの悪い、ダメな自分も

周りにバカにされ続けてきた自分のコンプレックスも

 

何もかもさらけ出して、生きていこう。

 

僕はそうやって生きて行きたいし

そうやって生きている人と一緒に生きて行きたい。

 

そんな僕とコンタクトを取りたいと思ってくれた方は

どんどん、コメント、メッセージ、くださいね。

ここに、そんな記事も書きました^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA